編集長ブログ

まずは、ユ・アイン愛をたっぷり!

ドラマ『密会(2014)』を語る前に、まずはユ・アインのことを語りたい。私の韓流熱も少し中だるみになりかけていたとき、あるネットの記事でユ・アインのことを知り興味を持った。「憑依型俳優」とユ・アイン を絶賛していたのだ。役とシンクロし、役作りで体格や顔つきをガラリと変えるという。ユ・アイン・・・ビジュアルも私好みで申し分ない。しかし、「憑依型俳優」だけをとりあげると、ソ・イングクもそういう要素はある。『ショッピング王ルイ(2016)』を見たときに、まるで幼子のようなあまりにも可愛く無防備な演技に「なんだ、この俳優は!」と、心を掴まれた。そのあとに見たのが『空から降る一億の星(2018)』だから、たまらない。「この危険な魅力の男は、本当にあのルイと同じ俳優なのか!?」これで私はすっかりソ・イングクにやられてしまった。

ソ・イングクの話はまた別の機会として・・・

かっこよすぎる!モデルとしてのユ・アイン

ユ・アインに興味を持ったのは、俳優だけではなくモデルとしても「憑依型」であったことだ。まだユ・アインの映画やドラマを見ていない私は、早速ネットで検索した。そこに、想像を超えたファッション誌のモデルのユ・アインが現れた。

「なんて、かっこいいんだろう!」

まるでレトロなムービースターのようなスタイリッシュな写真があるかと思うと、ストリート風の不良っぽい坊主刈りのユ・アイン、ハイファッション誌のアーティスティックなスタイル、、、、どの写真もまるで映画やドラマを見ているような物語が感じられる。そこに醸し出される表情が実にいいのだ。一般的なイケメン俳優モデルとは全く違っていた。私はモデルとしてのユ・アインに完全に心を奪われた。

ユ・アインの顔は癖がなく、特別なイケメンでもなく、一見すると、その辺にいるようなお兄ちゃんだ。しかし、髪型、衣装、体型、仕草、表情、眼差しでユ・アインは、変幻自在に変わる。自分の魅力、特徴をよく知っている俳優なのだ。こんなにもモデルとして魅力的な俳優は見たことがない。

「ユ・アイン は、アーティストなのだ」

“人間”としてのユ・アインに惹かれる

ユ・アインは、優等生的な韓流スターとは、ちょっと違うようだ。インタビューやSNSでははっきりと自分の意見を言うし、プライベートな活動も大切にしている。ドラマ『トキメキ成均館スキャンダル(2010)』でブレイクしたときに、日本の女性インタビュアーが、つまらない質問をしていたが、苦笑しながらも知的に誠実に答えていたのにとても好感が持てた。その中で、好きなラブストーリーは、『ジョゼと虎と魚たち(2003)』と話した。妻夫木聡と池脇千鶴が主演した日本映画だ。韓国で「人生で忘れられない恋愛映画」の1位に選ばれた映画であることを後で知り、ユ・アインを知りたくてこの映画をネットで見た。

ユ・アインのリアリティ番組『ユ・アインのLaunch MyLife in London (2011) 』制作のための90日間を密着したドキュメンタリーでは、かなり神経質な一面を露呈させている。ファッションにうるさく、仕事ではスタッフに言いたいことをはっきりいっていた。こだわりの強い「めんどくさいやつ」という自分を隠すことなく出している。これがユ・アイン なのだろう。ユ・アインは骨肉腫が原因で兵役を免除されたことを、ネットでかなり叩かれたことがある(韓国では兵役義務を果たさない者へのバッシングが大きいようだ)。その時に彼は公式発表とは別に、SNSで自分の言葉で丁寧に怪我の経過や兵役に対する自分の考えを語った。心無いネチズン(ネット市民)には、立ち向かっていくし、深い理解を求めていく努力も怠らない。かなりエネルギーがいることだが、「行動する男」・・・これがユ・アインなのだ。俳優としての才能だけではない。人間としてのユ・アインに底知れない魅力を感じる。

憑依もいいが、ユ・アインのラブストーリーが好き

ユ・アイン は1986年生まれ。今年35歳となる。10代からドラマに出演して、20代は映画『ワンドゥギ(2011)』『カンチョリ オカンがくれた明日(2013)』など、ちょっとやんちゃで愛される役が多い。ヒョンビンやパク・ソジュンのようなラブコメはほとんどない。映画出演が多いのも特徴だ。映画が多いということは、常に新しい自分にチャレンジしている俳優だということがよくわかる。『ベテラン(2015)』では、20代の人気俳優にはイメージダウンのリスクが多く、タブーとされる“悪役”に挑み、高い評価を得た。時にはイケメンもかっこよさも封印する。『バーニング劇場版(2018)』では、孤独と絶望を秘めた冴えない青年。ベッドシーンも自慰シーンも全裸も見せた。『音もなく(2020)』では15kg増量し、セリフのない“無声演技”で、第41回青龍映画賞の主演男優賞を受賞した。この映画はまだ見ていないが、ユ・アインだったら仕草、表情、眼差しだけで演技ができることは、容易に想像がつく。どの作品もユ・アインの演技力の高さが伺えるものだ。俳優としてのキャリアを重ねるごとに、どんな作品に出演すべきかを真剣に悩む。しかし彼は「いつ、どこでも、誰にでも使われる準備ができています。思い切り使ってください」と青龍映画賞の授賞式で挨拶した。新たな達成感を求め、悩み、もがき、ユ・アインはこれからどんな“憑依”を見せてくれるのだろうか。底が着くまでやるはずだ。

朝鮮王朝時代の「成均館(ソンギュングァン)」という最高教育機関を舞台にしたドラマ『トキメキ成均館スキャンダル(2010)』で、不良めいた学生ムン・ジェシン(コロ)を演じ、社会現象になるくらい人気となった。
『ベテラン(2015)』では、はじめての悪役に挑戦。ユ・アイン が演じた狂気めいた財閥の御曹司チョ・テオは、作品に強烈なイメージを植え付け、大きな話題となった。
社会的影響力の大きいイ・チャンドン監督の8年ぶりの作品として注目された『バーニング劇場版(2018)』の主役に抜擢された。どこか虚ろで、自分の夢や希望が持てない孤独な青年そのもののユ・アインがいた。
『音もなく(2020)』では15kg増量し、イケメンを封印。体重を増やすのはダイエットより大変だったようだ。はじめての“ぽっこりお腹”が嬉しかったとユ・アイン は語っている。

しかし、ユ・アインファンの私としては、彼のラブストーリーや本気のラブシーンが見たいのだ。が、驚くほどそんな作品は少ない。私はやんちゃで悪ぶっているユ・アインではなく、繊細で、耽美的な雰囲気を醸すユ・アインが好きだ。その私好みの数少ないドラマが『シカゴ・タイプライター~時を超えて君を思う~(2017)』と『密会(2014)』だった。もちろん一番は『密会』だ。『密会』のプロモーション動画は、瞬時に私の心を鷲掴みにした。すぐに必死で探しまわったが、『密会』はどこにもネット配信されてはいなかった。

『シカゴ・タイプライター』のこと

そこでまずはU-NEXTで配信されていた『シカゴ・タイプライター』を見た。とてもスタイリッシュなドラマで、「タイプライター」をキーワードに、現代と1930年代がリンクしていくストーリー。ユ・アインは現代(ツンデレ系の人気作家)と、1930年代(革命家)の2つの時代を、雰囲気の違う2役を演じている。残念ながら現代編のユ・アインは今ひとつだったが、1930年代のユ・アインの雰囲気がとてもいいのだ。髪型、ドレッシーな服装、キャバレー、音楽、映像と、まさに私好み。

このドラマは時を超えたラブストーリーではあるが、心揺さぶられるラブシーンはたったの1回。1930年代のユ・アインが、追っ手を逃れるために、偽装で恋人同士を装うというキスシーンだ(『愛の不時着(2019-20)』でもヒョンビンとソン・イェジンの初めてのキスシーンもこういう設定だった)。ユ・アインは自分の思いを伝えることができない彼女に、偽装キスのつもりが、途中で“本気”を出してしまう。グイグイと体を押し付けていくユ・アインの熱いキスにシビレた。その後の1930年代のユ・アインは、かなり際どいシーンはあるが、ラブシーンはなくプラトニックで終わってしまう。キスシーンを多用せずに、“ここぞ”という時の演出がとてもいい。

1930年代の朝鮮独立運動の革命家を演じたユ・アイン。革命家としての孤独や憂いを秘めたこの雰囲気、まさに私好みのイケメン!
現代では、ナルシストの人気ベストセラー作家を演じたユ・アイン。いわゆるツンデレ系で、1930年代のユ・アインとは、全く違うキャラクターだ。
人気ベストセラー作家としての彼の本が並べられていたイベント会場で一瞬見えたプロモーション写真。レトロなムービースターのようなユ・アイン、最高だ!

『シカゴ・タイプライター』はOSTもとてもいい。実は私はユ・アインを知る前にこのドラマのことを知っていた。それは主題歌「stellite」を歌っているSaltnpaperが好きで、彼の作品の追っかけをしていたときに見つけたドラマだった。プロモーション動画のレトロな映像に惹かれたが、ドラマを見るまでには至らなかった。まさかこうしてつながるとは、嬉しい限りだ。そのSaltnpaperを知るきっかけになったドラマが、パク・ボゴム 主演のドラマ『ボーイフレンド(2018-19)』。これもなかなかいいラブストーリーで、OSTもとてもセンスのいい構成だった。また別の機会に語りたい。

私は、ユ・アインを求め、『シカゴ・タイプライター』からスタートし、彼の映画を見まくった。しかし、前述したように、ユ・アインの映画は、ほとんどラブストーリーがない。唯一『好きになって(ハッピーログイン)(2016)』という、3組のカップルをオムニバス形式で描いたラブコメがある。演技派俳優が勢ぞろいし、うまくまとめられはいるが中途半端な満足度。ユ・アインには珍しくハッピーエンドだったが、 トキメキはなかった。『密会』の後の息抜きではなかったかと思えるくらいだ。私は完全に欲求不満になり、ついに大枚をはたいて『密会』のDVDを購入することにした。大正解だった!いよいよ次回は『密会』の話に!