編集長ブログ

愛してやまない、ドラマ『密会』Vol.6/ブラームスに張られた伏線

ドラマ『密会(2014)』は、セリフも登場人物も少なく、静かに淡々と描かれる。しかし中に込められている映像、音楽、演技の密度が凄い。数少ないセリフでポツリと話される本のタイトル、音楽家、あるいは演奏曲目に登場人物の心の状況が代弁されているのだ。「ブラームス」にも伏線が張られていた。

ドラマ密会公式サイト

http://c7mikkai.jp/#top

『ブラームスはお好き』って・・・

ソンジェ(ユ・アイン)とヘウォン(キム・ヒエ)の会話に、「『ブラームスはお好き』って、音楽の話かと思ったら、そうじゃなかったんですね・・・」と、彼がなにげなく話すシーンがある。『ブラームスはお好き』は、フランソワーズ・サガンの小説である。『さよならをもう一度(1961)』というタイトルで映画化もされた。サガン好きだったら、この言葉にピント来るはずだ。中年の恋人がいる39歳のキャリアウーマンが、純粋な気持ちで積極的にアプローチしてくる25歳の青年に、次第に惹かれていくというストーリー。青年が彼女をコンサートに誘う手紙に「ブラームスはお好きですか?」と、さりげなく書いたことからこのタイトルがある。

この小説の名を口にしたソンジェ(ユ・アイン)の言葉は、なんとも“意味深”なのである。

先生への手紙だと思って聴いてください

そしてきわめつけは、ブラームス(ヨハネス・ブラームス)の「六曲のピアノ小品集Op.118、第2番インテルメッツォ」。ソンジェ(ユ・アイン)が大学の独演会で、初めてオーケストラと共演したラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲Op.43」のアンコールに選んだ曲だ。バイク便の配達人をしていた彼が、偶然にヘウォン(キム・ヒエ)夫婦と出会い、ピアノの才能を見初められ、大学で独演会までするようになったのだ。ここまでの道のりは、ヘウォン(キム・ヒエ)と二人三脚で練習を積み重ねてきた賜物だった。ヘウォン(キム・ヒエ)は彼の練習台になるために、オーケストラの代わりを務めるピアノ楽曲を必死で練習してきた。ソンジェ(ユ・アイン)は、そういう彼女への感謝と、心からの愛を込めて、このブラームスの曲を彼女に捧げたのである。

ではなぜ、ブラームスの「六曲のピアノ小品集Op.118、第2番インテルメッツォ」なのか?

ソンジェが初めてオーケストラと共演した大学の独演会で、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲Op.43」が演奏された
アンコールには「先生(へウォン)への手紙です」と、ブラームスの「六曲のピアノ小品集Op.118、第2番インテルメッツォ」を選んだ
録音室でソンジェの演奏を見守るヘウォン
ソンジェのアンコール演奏をロビーのモニターで見つめるヘウォン

恩師の妻と恋愛関係にあったブラームス

クラシック音楽に通じている方は、ここでまたピンとくるはずだ。この曲は、ブラームスがクララ・シューマンに捧げたものなのだ。クララはあの作曲家のシューマン(ローベルト・シューマン)の妻である。シューマン、ブラームス、そしてクララのミステリアスな関係は、音楽界では有名な話となっている。ブラームスは、無名時代にその才能をシューマンに見出された。ブラームスにとってシューマンは大恩師であり、シューマンの忠実な弟子として最期まで尽くした。シューマンが精神を患っていた時はクララを支え、家族の面倒まで見てきた。そういう家族の一員のような関係の中で、ブラームスとクララに恋愛感情が芽生えたのだ。これがお互いプラトニックで終わったのか、「不倫」というところまで親密になったのかは定かではないようだが、お互い深く惹かれ合っていたのは確かのようだ。ちなみに、クララはブラームスより14歳年上だ。

演奏終了後、緊張感がほぐれ演奏録画をノートパソコン見ているヘウォンとソンジェ

ジョルジュ・サンド とショパンの愛の魔力

音楽家の「危険な恋愛」と言えば、フランスの作家ジュルジュ・サンドとショパン(フレデリック・ショパン)の恋愛も有名だ。ジョルジュ・サンドは既婚者だが、早くから夫と別居しており、数々の有名人と浮名を流してきた恋多き女だ。ショパンより6歳年上で、30代の半ば頃から一緒に暮らしはじめ、病弱でわがままなショパンに母親のように献身的に尽くした。『密会』で演奏されていたショパンの「ノクターン第17番ロ短調Op.62-1」は、ジョルジュ・サンドとの破局が現実となる年に作曲されたものだ。ショパンの失意と孤独・・・たまらなく切なく美しい旋律の奥には、哀しみが生み出した愛の魔力があるのだろう。

『密会』は音楽が主役のドラマだ。そう言い切れるのは、音楽の背景にある物語まで吟味され、書籍や音楽家、あるいは演奏曲目がセレクトされているからだ。ドラマでは語られていない「質の高い情報」が、細部に込められている。これを読み取るのが、この上ない喜びなのである。この密度の高い制作姿勢が、『密会』の名作たる所以だと、私は思う。

そして最終回は、このドラマをこれほどまでに質の高いものにした「影の主役達」を紹介したい。