編集長ブログ

愛してやまない、ドラマ『密会』Vol.2/伝説のピアニスト、リヒテルのこと(1)

ドラマ『密会(2014)』で、ドラマの構成・演出の大きな鍵を握るのが、20世紀最高のピアニストの一人と称されている、ロシアの「リヒテル(スヴャトスラフ・リヒテル(1915-1997)」だ。ソンジェ(ユ・アイン)はリヒテルをモデルにしているとも言われている。リヒテルのことを知ると、ドラマ『密会』の面白さが増すので、語りたい。

ドラマ密会公式サイト

http://c7mikkai.jp/#top

リヒテルは世界情勢が荒れ狂う、帝政ロシアの激動の時代に生きたピアニストだった。ドイツ人の父はピアニストで音楽教師であったが、リヒテルは規則に縛られるのが嫌で、ピアノを独学でマスターし、その才能を開花させていった。22歳の時にモスクワ音楽学院に入学。そこでピアノ教師であるネイガウス教授と運命的な出会いをする。ネイガウス教授はリヒテルの天才性を認め、荒削りな演奏をあえて直そうとはせず、彼の良さをどんどん伸ばしていったという。そういうネイガウス教授にリヒテルは大きな信頼を寄せていたことだろう。しかし、父はスターリンにドイツのスパイ嫌疑をかけられ銃殺されてしまう。ロシア人の母はドイツ人と再婚し、ドイツに逃亡してしまう。一人取り残されたリヒテルは失意のどん底であったであろう。

『リヒテル』へウォンからのアンダーラインメッセージ

『リヒテル』は日本語版も出ているが、絶版のためかなり高額で販売されている。

ドラマ『密会』では、母を亡くしたショックで音楽も恋も捨て、周りとの関係を遮断していたソンジェ(ユ・アイン)の元に、ヘウォン(キム・ヒエ)から『リヒテル』が届く。フランスの巨匠映像作家であるブリューノ・モンサンジョンが、貴重なインタビューを編集したリヒテルの回想録のような本だ。1970年~1995年に渡る25年間、リヒテルによって綴られた「音楽をめぐる手帳」が初めて公開されている。コンサートやレコーディングなど、音楽に関するリヒテルの感想や批評を書いたノートだ。そこからはリヒテルの音楽観、音楽への情熱や愛情が生々しく伝わって来る。

ヘウォン(キム・ヒエ)は、突然姿を消した彼のことをずっと心配していた。ペラペラとめくって見ると、ところどころにアンダーラインが引かれている。

「先生の手紙を読んで学校に戻った」「帰ってこい」「君は私のもっと優秀な弟子だ」「どんな場所でも構わず練習した」「学校や友達の家を渡り歩いた」「どこでも寝られた」「先生の家に居候していた時はピアノの下で寝たものだ」

ソンジェ(ユ・アイン)へのヘウォン(キム・ヒエ)のメッセージだ。ネイガウス教授とリヒテルの関係を知ると、このアンダーラインの意味がより深く伝わってくる。ソンジェ(ユ・アイン)には、アンダーラインの全てのワードが、沁みてくる。『リヒテル』が、もがき苦しんでいた自分を救ってくれた・・・。ソンジュ(ユ・アイン)はたまらなくヘウォン(キム・ヒエ)に会いたくなり家を訪ねる。

ガレージのシャッターの向こうから突然現れたソンジェ(ユ・アイン)に、驚きと喜びを隠せないヘウォン(キム・ヒエ)。全てを忘れようとしたのに、ますます気持ちを抑えきれなくなったソンジェ(ユ・アイン)。ここでの2人の再会が、『密会』の衝撃的な予告編にもある、ドラマ最大の官能的なラブシーンとなる。

『リヒテル』ソンジェからのアンダーラインメッセージ

この『リヒテル』のアンダーラインの演出は、ドラマ後半にソンジェ(ユ・アイン)からヘウォン(キム・ヒエ)への、逆メッセージとなり、彼女の人生観を大きく変える引き金となる。

ソンジェ(ユ・アイン)とヘウォン(キム・ヒエ)は愛し合っていたが、人生観が全く違っていた。彼女は上流社会の人間になりたくて、上流社会の人間に傅きながら、結婚も地位と権力を手に入れるための手段として利用してきた。青春を謳歌することも、人を本当に愛したこともなかった。ソンジェ(ユ・アイン)が初恋であり、ソンジェ(ユ・アイン)もまたヘウォン(キム・ヒエ)が初恋であった。ソンジェ(ユ・アイン)は、上流社会の奴隷になっているヘウォン(キム・ヒエ)に、何度も「捨てればいい」と話すが、「そう簡単にできるものではない」と、なかなか聞く耳を持たなかった。

ある時、ヘウォン(キム・ヒエ)夫婦が自宅で取材を受けることになり、ソンジェ(ユ・アイン)も同席することになった。ヘウォン(キム・ヒエ)の夫は、わざと仲のいい夫婦を演出しようとし、ソンジェ(ユ・アイン)はその姿に耐えられなくなる。撮影が終了し着替えに入ったヘウォン(キム・ヒエ)夫婦の寝室で、ヘウォン(キム・ヒエ)のベッドの枕元に『リヒテル』を見つける。彼女の愛読書でもあった。ソンジェ(ユ・アイン)はそれにアンダーラインのメッセージを残したのだ。

「僕らの後ろをピアノを積んだ車が追いかける」「高速道路など一切使わず走る」「小さな町で演奏する」「場所は小さなホールや学校だ」「見栄ではなく純粋に演奏が聞きたい人たちが自然に集まってくる」「僕はバカではない。いたって正常だ。でも本当はバカになりたいのかもしれない」

仲のいい仮面夫婦を演じなければならない自分を心から恥じていたヘウォン(キム・ヒエ)に、ソンジェ(ユ・アイン)からのアンダーラインメッセージが、鋭く突き刺さった。

リヒテルは晩年も意欲的な演奏活動を行なった。旅行好きだが飛行機が嫌いだった。理想としたのはピアノをトラックに積んで田園風景の中を旅行しながら、フラッと立ち寄った町の教会や倉庫で無料で演奏し、また旅に出るという生活だった。『密会』の最終話では、ヘウォン(キム・ヒエ)が「あの本読み終えた?」「一番感動したのはどこだった?」と訪ね場面がある。ソンジェ(ユ・アイン)は、この箇所だと答えた。彼はリヒテルのように自由になってヘウォン(キム・ヒエ)と一緒に世界を回りたいのだ。権力や見栄とは真逆の生活を望んでいる。

ドラマ『密会』で語りたいリヒテルの話はまだあるが、長くなったので、それは次回にしたい。