高橋大輔選手の金襴

「金襴(きんらん)」という素材をご存知でしょうか。
「金襴緞子(きんらんどんす)の帯び締めながら…」の歌でも知られる
金糸で模様を織り出した絢爛豪華な織物です。
ちなみに「金襴緞子」とは
「緞子」という、帯に多く使われる光沢のある豪華な紋織物に
金糸で模様を織り出したさらにゴージャスな絹織物です。

この「金襴」の本場が京都の西陣で
昨年の11月に金襴専門の「株式会社 伴戸商店」さんに取材に伺いました。

実は昨年のバンクーバーオリンピックで
高橋大輔選手がエキシビジョンで着ていたた衣装が
「露芝に桜尽くし」という伴戸商店さんの金襴なのです。

映画『大奥』などを始め、NHK大河ドラマの『篤姫』など
時代劇に無くてはならない豪華なシーンでは
伴戸商店さんの「金襴」が登場してるといいます。

『テキスタイル用語辞典』への素材協力もして頂きました。
初めて見るたくさんの金襴は、本当に雅な世界です。
金襴には一つ一つの織物に名前がついており
またそれも興味深いものがあります。
その話しはまた次回に…