大館鳳鳴高校、甲子園出場経費決算書

昨日、春の甲子園に初出場した秋田県立大館鳳鳴高等学校の後援会から
このたびの甲子園出場に関しての経費決算報告書が来ました。
私も募金活動にわずかばかり協力したので
ご丁寧にこのような報告書が送られてきたようです。
なんと約1億2千万円集まったようです!
当初「1億円を目標」と聞いて、初めは耳を疑いましたが
元甲子園球児である夫は、自分たちが甲子園初出場のときも
(かなりの昔ですが…)たしか“億”は、いったと思うと話していました。

「甲子園」に寄せる思いは、出身校や地元住民のみならず
全国に散らばっている「ふるさと」に思いを寄せる人々の
「心のふるさと」なのだと改めて感じました。
残念ながら創立113年目の悲願の初出場は
大震災の影響で練習不足や、予定した応援団も派遣できず
大館の活性化の足がかりにと湧いていた
商工会議所の意気込みも削いでしまい不完全燃焼に終わりました。
しかし大きな支援金は今後の野球部や学校そして地元のためにも
役に立てもらえることでしょう。

今回の甲子園支援金のうち、
1千万円が東日本大震災義援金に寄付されていました。
いろんな人の思いをステップに、大館鳳鳴高校の野球部のみなさん
これからも頑張ってください。
今度は「夏の甲子園出場」を待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。