丹後の伝統技術を駆使した新素材を!「タンゴ ファブリック マルシェ」Vol.1

「ちりめんの里」で知られる、京都・丹後産地の
織物メーカー19社が、東京・代官山で産地の素材展
「タンゴ ファブリック マルシェ」を開催しました。
(主催:丹後織物工業組合/丹後ファッションウィーク開催委員会)


・・・・・「タンゴ ファブリック マルシェ」のパンフレット・・・・・

 丹後地方は、日本最大の絹織物産地で、
その歴史は古く、約1200年前の奈良時代からともいわれています。
現在も日本の着物の白生地の約60パーセントを生産しており、
京都・西陣の生産基地として無くてはならない存在です。
近年は、新しい販路を求め、
伝統的な技術を駆使した服地や服飾小物を提案。
また、化合繊やバイオベース繊維と組み合わせたり
様々な後加工を施した複合的な素材開発にも力を入れています。


・・・・3階では服飾雑貨や小物を展示。高品質&リーズナブルな商品として
スカーフを提案するところも増えています・・・・


・・・・ちりめんの雑貨を提案した「(株)一色テキスタイル」・・・・

残念ながら展示会には最終日の閉館ぎりぎりに
飛び込んだため、ゆっくり取材ができず、
また、クローズアップした素材の撮影ができなかったので
素材の素晴らしさを写真でお伝えできないのが悔やまれます。

丹後産地の素材は、さすが着物素材産地とあり
テクニカルで緻密な織りが多く見られました。
他の展示会では見たことのないような織りもあり
改めてその技術の素晴らしさは目を見張るものがあります。


・・・・2階は「洋装フロア」。左端にスカーフのようにかかっているピンクの生地は
ゴースのような透け感のある、シルク100%のチェックの先染め織物。
とってもステキでした。セリシンを抜いていないものは張りがあり、
抜いたものはソフトな仕上げです:大善(株)
(クローズアップしてお見せできないのが残念です…)・・・・


・・・・環境に配慮したエコなもの作りに力を入れている大善(株)は
高耐熱性ポリ乳酸繊維を使用したテキスタイルを提案・・・・


・・・・イエロー、オレンジーピンクなど、今シーズンのトレンドカラーを
打ち出した展開。左:(株)大江/右:吉村機業(株)・・・・


・・・・産学公コラボ作品。23年度は上田安子服飾専門学校など
4校とコラボして、丹後産地の活性化を図る事業もしています・・・・


・・・・お土産に頂いたのは、丹後織物工業組合が販売している
入浴液『まゆのお風呂』。セリシンの効果でしっとり、つるつるです!・・・・