『ほぼ日』の“フィッシャーマンズセーター”ビジネス

被災地は既に経済復興の段階に入っており
単に「被災地の品物」ではなく
ビジネスとしてきちんと成り立つ一流のもの作りを目指すべき。
そう語っている糸井重里さんの新聞記事がありました。

糸井さんが主宰する『ほぼ日刊イトイ新聞』は
気仙沼に事務所を開設し、復興支援を続けながら、
地元が自立できる新しいビジネスを模索していました。
その方法のひとつとして考えているのが
気仙沼の漁師のおかみさんパワーを結集した
“フィッシャーマンズセーター”ビジネスだというのです。
しかも、1着10万円以上を目指し
本場の英国から講師を呼んで指導してもらう。
その後はそのノウハウを他の人に伝えていき定着させ
サイトを通じ、世界中に販売したいと。

鳥肌が立ちました!

“フィッシャーマンズセーター”は
アイルランドのアラン諸島で編まれる
“アランセーター”とも呼ばれる
伝統的な手編みのセーターです。
島の女性が、漁に出る夫や恋人のために編んだことから
“フィッシャーマンズセーター”の名があります。


“フィッシャーマンズセーター”には漁に出る男たちのために、
安全と豊漁を願う独特の「アラン模様」が編み込まれます。
それぞれに意味の持つさまざまな「アラン模様」があり、
女性たちは工夫を凝らしメッセージを込めた柄を構成し編んでいきます。
(『テキスタイル用語辞典』より抜粋したページ)

まさにそのルーツといい、
気仙沼の漁師のおかみさんのビジネスにうってつけ。
防水性のある未脱脂ウール(脂を抜かない)の
太い毛糸で編まれる“フィッシャーマンズセーター”は
ごわごわしているので、編むのにもかなり力がいります。
やわな女性の手では歯が立たないかもしれませんが
漁網の扱いにも慣れている逞しい漁師のおかみさんの
根性があれば、それも可能。

気仙沼が日本のアラン諸島となり
伝統的な“フィッシャーマンズセーター”の産地になるなんて
なんてロマンがあるのでしょう!
ぜひ応援したいものです。
そしてこの「一流もの作りコンセプト」を、
地方の活性化や産地の活性化に活かせないものか…と。

7 件のコメント

  • イトイさん、すごい。
    「一流もの作りコンセプト」は、東北だけでなく
    日本中のものづくりに携わる人たちの期待と夢!

  •  今、番組を見て本物のアランセーターをアラン島で復活させる(手編みで生計の立つ)試みを始めるのかと
    思いましたが、東北で復活させるという発想に感じ入りました。
     日本で流行った時、まがい物を着たのが中学生のころで、未脱脂の本物を着たいと思いつつ40年以上が
    過ぎました。
     この企画、ぜひ実現させて下さい、応援します。
    54の歳男より。

  • 飯田 隆幸 さま

    コメントありがとうございます!
    私は見ることができませんでしたが
    「ほぼ日」のアランセーター、TVで放映されたようですね
    (見たかった…)
    本物のもの作りを目指しているところに、とても共感します!
    一緒に応援しましょう!

  • 今年のAWにて、あるブランドから気仙沼市のアランセーターを予約しました。サンプルをみた限りでもそこらへんのセーターとは比べ物にならない質でして、かなりの重みもあります。9月か10月に届くので、これを着て皆さんに広めるお手伝いが出来たらと思います。

  • T.Matsuura さま

    ホットな情報、ありがとうございます!
    いち早くご覧になれたなんて、凄いですね。
    軽く柔らかなセーターが主流になっている中で
    「一生モノの本物」を目指す
    気仙沼のフィッシャーマンズセーター(アランセーター)が
    どんなできばえか、ワクワクします!
    またの情報、楽しみにしています♪

  • 今日のtbsのらじおでききました。
    お近くの方々が編まれておいでとの事ですが、
    近ければ私もなかまにはいりたい!
    編み物が好きで、目下、主人のベストをアラン模様であんでいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。