☆サンクス・ギビング☆

こんにちは!Textile-Tree特派員のリヴィ・あいです!

日本から帰国後すぐにこちらはサンクス・ギビング・デー。
日本では最近、ハロウィン・フィーバーのようですが、
それが終わると一気にクリスマスのディスプレイですよね(笑
アメリカはこのサンクス・ギビングで
ターキーディナーをたらふく食べたあと、
クリスマスムードになります。

TG 1
TG 2
・・帰国後のソルトレイクシティはすっかり冬仕様。
零下が続きヒーターなしではいられなくなりました。
仕事の都合でいつもはなかなか見れない夕暮れの空。
この日は郵便局に行くときにこの空に遭遇。
しばし寒空の中見とれちゃいました♪・・

日本のハロウィーンブームは本来の意味から離れて、
仮装の部分だけが盛り上がっているようですが、
さすがに感謝祭は定着しないですよね。
本来の意味はウィキによると
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E8%AC%9D%E7%A5%AD

アメリカでは宗教的な意味はだいぶ薄れて
家族や親戚で集まってする
大規模な食事会になっているようです。
感謝祭は11月の第4木曜日ですが
金曜日も休みにして4連休とする州も多く、
そのあとのクリスマス商戦の前哨戦として、
翌日の金曜日を”ブラック・フライデー”、
週明けの月曜を”サイバーマンデー”
(休み明けに会社のネットを使ってプレゼントを買う人が多いとか)
として、一年で一番大きなセール が
全米で店頭とネットで行われます。
小売業界の年間売上の半分が
この一か月に集中するとも言われているほどです。

というわけでちょっとレポートが遅れましたが、
今年のサンクス・ギビングは我が家は何もせずに、
なんとラッキーなとことに2家族のディナーに
招待していただきました♡
どちらも立派な丸ごとターキーで感激。
それぞれの家庭でターキーの焼き方や詰め物、
サイドメニューやデザートも違って、とても参考になります。
何より自分で料理しないで、前に並べてもらえるって幸せですね(笑

TG 3
TG 4
こちらは旦那の友達のおうちのディナー。
奥さんはフィリピン人なんですが、
アメリカ人の旦那さんのために
正統派アメリカスタイルのサンクスギビング・ディ ナー。
来年はアジアンスタイルメニューにしようかと・・・
密かに企むアジア人妻二人≪笑

ここのおうちは、
ターキーの中には玉ねぎとガーリックが丸ごと、
通常の詰め物は定番のマッシュポテトと
グレイビーソースと共にサイドにしてありましたが、
とってもテイスティでした。

TG 5
TG 6
愛嬌たっぷりのわんちゃんたちと一緒 に楽しいひと時。
まだまだパピーの2匹ですが、
ちゃんとターキーをもらえるまでは
我慢していい子にしていました。

TG 7
TG 8
TG 9
ディナーに連れ て行ってもらえずお留守番だったGoa蔵。
はい・・・ふてくされてます≪笑
でも、実はこのソファーすっかりお気に入りのようで、
よくこうやって一人で 座っているんです。
しかも寝ころぶのでなく、座って”瞑想”(迷走)してます。
去年、Goa用のベッド(クッション)を新調したのですが、
最近はソファー の方がお気に入りのようで
随分高いGoa専用ベッド(正確には瞑想用の椅子)になってよね・・・
と旦那と話しています。

そし てもう一軒違う日に
サンクス・ギビングディナーに招待してくれたのは、
DJのナオミちゃん。
日本から来てホームステイしている姪っ子ちゃんと一緒に焼いた
ターキーは手塩にかけられ何度も何度も油を塗られ
美しく仕上がっていました!
(私としたことが、この丸焼きの写真撮るの忘れちゃいました!泣)。

TG 12
TG 13
カボチャ(acorn squash)は今年お庭でできた産物に
詰め物がしてあってホクホック。
ナオミちゃんのお母さんの作った
大根サラダときゅうりの漬物がまた美味しかったこ と。

TG 14
TG 15
ホームメイ ドのクランベリーソースは
甘くてベチャベチャの市販のものとはまったく別物で
クランチーで酸味があってめっちゃ美味しい♡

TG 16
食器もさりげなくヴィンテージものばかりで
とってもお洒落かつレアもの。
ケーキの横のティーカップの底には
なんと”Occupied Japan”(占領下の日本)の刻印がΣ(゚Д゚)
さすが!です。

TG 10
TG 11
このおうちには3匹のネコちゃんたちが同居中。
3匹3様、見かけも性格も違うようですが、
どの子もかわいかったこと!
写真に写ってる黒ネコちゃんは魔女の宅急便のジジに似てるー!
そして食卓のナプキンのモデルさん?