総料理長のハーブティー

京王プラザホテルの総料理長のお話しを聞く機会がありました。
新宿の京王プラザホテル2階のコーヒーハウス「樹林」には
根強いファンも多いフレンチトーストがあります。
フレンチトーストといえばホテルオークラも有名ですが
「樹林」のフレンチトーストは名古屋コーチンの卵など
厳選された素材に24時間つけ込まれた
ふっくら・しっとりとりの、本当に美味しいフレンチトーストです。


・・・しっかりとつけ込むのがフレンチトーストのポイント!
そしてつけ込む卵と牛乳、お砂糖などを調合した「味見」は重要と
教えて頂きました。これは自分の好みで・・・

このフレンチトーストはハーブティーとセットになっています。
このハーブティーをブレンドしたのが市川総料理長で
これにまつわるお話しを聞かせてくれました。

「樹林」は緑に囲まれた、まるでリゾート地にでもいるような
明るく爽やかな空間が人気です。
芸能人や著名人などもよく利用するので
それを目当てのお客さんも多いことでも知られています。

総料理長は、この大都会のオアシスのような
爽やかな緑を体でも味わって欲しいと
スペアミント、ローズマリー、タイム、レモングラスの
お料理で使う種類のフレッシュハーブをブレンドしたといいます。
料理の味付けや盛りつけなどは
「どういう空間で味わうのか」を考えて作るのですよ
と教えてくださいました。

ホテルやそれなりのレストランに入ると
料金には「サービス料」がつきます。
初めは高いと感じますが、ゆったりした空間で
心地良いサービスを受けながら食事やティータイムを過ごすと
その料金の意味がよく分かります。
トータルなものが「食事文化」なのだと改めて思いました。

2 件のコメント

  • 京王プラザホテルのフレンチトースト、美味しそうですね〜!
    私もあのしっとりと甘いフレンチトースト大好きです♪

    ゆったりしたホテルでのティータイム、たまには心の贅沢としていいですよね。

    石川総料理長のレトルトカレーもとてもおいしかった!です。
    ありがとうございました!

  • bwrdさま
    最近「食」に関する仕事もするようになり
    「衣」の分野とは違う新しい刺激を受けています。
    特に「ホテルの食文化」は独特で興味深い毎日です。
    今度お食事しましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。