「rooms25」Vol.5-熱い!女性オーナーブランド『Saori Mochizuki』

たくさんのブランドが出展する合同展示会では、
「パッと目を惹く」・「熱意」が
来場者の気持ちを捕らえる大きな要素になります。
特に自らがデザインしオーナーとなっているブランドは、
熱い気持ちが伝わってきます。

「無類の水玉&ボーダー好き」という、望月沙織さんのバッグブランド
『Saori Mochizuki』は、「rooms25」の中でも一際目を引きました。
壁面にオブジェのように並べられたバッグには、
まるでパズルのように、様々な水玉&ボーダーの組み合わせがあります。
カラフルでありながらも、黒を基調に統一された配色は、
コーディネートもしやすく、計算された遊び心を感じます。
水玉&ボーダーは、流行とは無縁の永遠の柄(エターナル・パターン)。
遊び心がありながらも、どこかトラディショナルな雰囲気で
安心感があるのも魅力です。


・・・・自分の名前を冠したブランド『Saori Mochizuki』・・・・


・・・・黒を基調にした配色が統一感を醸し出します・・・・・


・・・・コサージュが可愛い!・・・・


・・・・鏡も白黒のボーダー・・・・・

『Saori Mochizuki』のコンセプトは、「日常をドラマチックに」。
自分らしい毎日を楽しみたい大人の女性たちに、
仕事のシーンにも使って欲しい、「テンションを上げてくれる」バッグです。
トートバッグはもちろんA4書類が入るサイズで、
大荷物にも絶えられるように、丈夫で軽い。
しかも、みんなから注目されるような “主役級”の可愛さです!
これからの仕事のできる女性は、
「女性であること」を楽しめる人でなければなりません。
そういうメッセージが感じられる素敵なバッグです。

Exif_JPEG_PICTURE

・・・・コンパクトミラーも作っています・・・・

Exif_JPEG_PICTURE

・・・・コラージュが可愛い、カードケース(名刺入れ)・・・・


・・・・ミニフラワーのチョーカー・・・・


・・・・バッグに映像を投影した、ビジュアルプレゼンテーション・・・・

デザイナーの望月沙織さんは、早稲田大学で演劇映像を専攻し、
映像制作会社でTVCM制作を担当した後独立。
製品のデザインはもとより、
ディスプレイ、パンフレット、プロモーションビデオなど
トータルな表現力のセンスの良さは、
そういう経歴が物語っているのかもしれません。


・・・・デザイナーの望月沙織さん。大好きな水玉のワンピースで・・・・

実は望月沙織さんとは、8月末に行われた山梨の織物産地見学の
ヤマナシ ハタオリ トラベル」で、ご一緒していたのです。
今回のroomsに望月沙織さんが出展していることは知らずに
商品や展示に惹かれ偶然取材に伺ったのですが、本当に驚きました。
ご縁があったのですね!これからも応援します!


・・・・「ヤマナシ ハタオリ トラベル」では、
やはりご自分のバッグをしっかり抱えていました!(右端)・・・・

『テキスタイル用語辞典』のご購入希望の皆様へ
※新型コロナウイルスの影響により、現在Amazonで『テキスタイル用語辞典』が購入できない状況になっています。ご購入を希望される方はこちらからお申し込みください。小売店様専用ですが、個人のお客様も受付いたします(送料無料)

2020年5月16日
『テキスタイル用語辞典』がAmazonでご購入できるようになりましたが、引き続き、個人のお客様もTextile-Treeからのご購入をお受けいたします(送料無料)。

こちらから