丹後の石田さんの、切なる願い。

昨日、ご紹介した『丹後縮緬、反物に隠した秘密!?』で
解説して頂いた「京都府織物・機械金属振興センター」の石田さんから
またしてもご丁寧なメールをいただき、感激しました。

「京都府織物・機械金属振興センター」は
丹後縮緬で有名な京丹後市峰山町にあり
沿革をみると、もとは「京都府織物試験場」だったようですが
昭和2年の奥丹後大震災で建物が全壊。
その後復興し、現在は丹後織物業と北部機械金属業の
振興・発展のために地術支援や経営支援を行っています。

以前は丹後縮緬の素晴らしい技術を紹介する資料も
作られていたのですが
現在はそういう活動もかなわなくなっています。
市場のきもの需要が減ったこともあり
産地の急速な高齢化と後継者難が進み、
産地と伝統技術の存続が危惧されているようです。
そういう無念さが、石田さんのメールから伝わってくるようでした。
丹後縮緬も大震災から復興した経験があり
そういう想いも今回の震災に投影されたかも知れません。

しかし、日本人にとっての「きもの」は
決して衰退をたどっているのではないと思います。
私の回りにもどんどん「きもの愛好家」が増えています。
彼女たちにとってきものは「特別な晴れ着」ではなく
「ちょっとお洒落したい」時に着る、洋服に代わるお洒落着です。
「洋服より着物が欲しい」と言っている人も多くいます。
ファッション業界も、今後きもの産業に参入するところが
増えていくような気がします。
「いいものを大切に着たい」「日本人を感じたい」
そういう価値観の大きなうねりを感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丹後の石田です。ブログを拝見致しました。

ご丁寧なご紹介を頂きありがとうございました。
先人たちが、ものづくりを大切にしてきたことを
誇りに思っています。
しかし、輸入生糸の現状、白生地の生産地など
企業利益を優先したものづくりになっています。
これも致し方ないと思いますが、
日本の民族衣装としての「きもの」を思うと複雑な気持ちが致します。
「きもの」を着る機会を増やすなど和文化の伝承が大切です。
今は、元通りの日本に一日も早く回復することを願うばかりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2 件のコメント

  • はじめまして!
    実は今ボタンの行き先を探してました。そして行き着きまして………色々探しましたがピンとくる行き先が中々なくて………そちらが必要か欲しいか分かりませんがメールしてしまいました。ご迷惑なメールでしたら、削除して下さいね。
    実は伯母の遺品整理をしていまして、洋服のボタンが沢山出て来ました。伯母はポッチャリだったので洋服を友達にオーダーしてました。マメな人で古くなった洋服を処分する際にボタンを取っておいた様で沢山残ってました。古いだけで高価な物ではないですが、かわいいので不燃ゴミは可哀想(泣)誰かに生かせて頂ければとおもいましたが………長々変なメールすいません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。