針金で織る「輪奈(わな)ビロードVol.2」

ベルベットのことを「ビロード(天鵞絨)」ともいいますが
これはポルトガル語の「vellude」が語源とされています。
日本には1542年に南蛮貿易でポルトガルから伝来したといわれています。
ちなみに「天鵞絨」という漢字ですが
「天鵞」とは中国語で白鳥を意味し

「白鳥の羽根のように滑らかで優美な織物」ということらしいです。

ではその天鵞絨はどのようにして作られるのでしょうか…
専門家でない限り
なかなかビロードの織り方を知っていらっしゃる方はいないと思いますが
一般的なビロードは「パイル織」という
表面に毛羽(けば)や輪奈(わな)というループが表れる織り方です。
タオルを想像して頂くといいかもしれません。

織り方には2種類あって
ひとつは「二重織り」という織り方をし
2枚の生地の間をつないでいる糸を切って毛羽を出すやり方です。

もうひとつは細い針金を使って織る
「有線(ゆうせん)ビロード」という織法です。

織ったあとで、この針金を1本1本引き抜くと
引き抜いたところは糸が輪奈になっているのです。
これが「輪奈ビロード」です。

上の写真は細い針金を差し込んで織る「輪奈ビロード」です。
針金を引き抜くとこのような「輪奈状」の柄が現れます。
現在は、針金のかわりにポリエチレンのテグスを使って
織っています。
この隆起している輪奈の部分をカッターでカットしていくと
毛羽のある、見慣れたビロードに仕上がります。

輪奈ビロードを織っているところや
織り上がってからの「針抜き」作業や「紋切り」作業は
次回お伝えします。