幻のアイリッシュリネンが麻の老舗の「林与」にあった!

『テキスタイル用語辞典』の執筆中に
「アイリッシュリネン」を調べていたら
本物のアイリッシュリネンの糸がリネン業界でも
もう手に入らないことを知りびっくり!
アイルランドではフラックス(リネンの草の状態をフラックスといいます)も
栽培されていないし、リネンの心臓部も言える紡績も
すでに行われていないのです。

「アイリッシュリネン」と言えば世界最高峰と言われたリネンです。
なんとかこれが手に入らないものかといろいろ調べていたら
あったのです!

なんと明治30年創業の近江の麻の老舗の「林与」さんの倉庫に
びっくりするくらいの良い保存状態で糸が眠っていたのです!
林与さんでは世界で一番良いものを手がけたいという思いで
本物のアイリッシュリネンの超細番手を織るプロジェクトを
開始いたしました。
最高峰といわれた本物のアイリッシュリネン糸を
日本の織りの技術で再現したいと考える
「究極のリネンプロジェクト」です!

林与07

上はvintageirishlinen です。
30年以上前のハードマンズ社サイオンミル紡績の
(ハートマンズ社は最高級のリネンを作るメーカーです)
リネン140番手とリネン100番手の糸と
それを織りあげたストールです。
アイリッシュリネンは少し黄味がかった本当にきれいな色で
その柔らかさは、デリケートなシルクのような…
「リネンの宝石」とでも表現したい感触です!

このことを「林与」さんのHPで知り
http://www.hayashiyo.com/
ぜひ訪ねてみたいもの…と思っていたら
先日のジャパンクリエーションで偶然
林与雄社長とお会いすることができました!

四代目の林社長は本当に良い方で
アイリッシュリネンの提供を快くお引き受けいただきました。
ありがとうございます!

毎日1000以上のアクセスがある社長の「リネン日記」は
面白いし、ためになるしぜひ「お気に入り」に入れてください!
http://www.hayashiyo.com/diary

林与さんには麻好き、テキスタイル好きにはたまらない
ネタがいっぱい!
これから小出しにアップしていきますので
オ・タ・ノ・シ・ミ・ニ!