丹後縮緬、反物に隠した秘密!?


先日、お母様の形見の着物や、
店を畳んだご親戚の呉服屋さんから譲り受けた着物を
たくさん所有している方をご紹介頂き
古着、反物(たんもの)、帯、端切れなどを見せて頂きました。
その中にとても不思議なものを発見しました。(写真上)

反物の端の方に、盛り上がった筋のようなものがあり
これをほどいてみると、
なんと中から「こより」のようなものが出てきたのです。
丁寧に広げてみると
そこにはこの反物を制作した会社「加忠織物株式会社」と
織った方だと思いますが「文恵」の名前が。

これを見たわたしたちは驚嘆の声を!
「文恵さんが織ったんだ!」
「どうしてこんなところに隠しているのかしら…」
なんか、ミステリードラマのような想像を巡らしてしまいます。

「こより」に書いていた住所は
「京都府与謝郡野田川町三河内」とありましたので
丹後縮緬に間違いありません。
丹後縮緬といえば、
今回『テキスタイル用語辞典』制作でお世話になっている
京都府織物・機械金属振興センター」さんに訪ねるのが一番と思い
問い合わせたところ、さっそく下記のお返事を頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お尋ねいただきました反末の「こより」ですが
ご推察のとおり製造メーカを表示するためのものです。
丹後では「渋札(しぶふだ)」と呼んでおり、
名前は織り手さんのお名前と推察致します。
この札は、製織工程で反末に織り込みます。

「こより」にすることで、
染色しても渋札の中までは染料が入りにくいため
製造メーカー等を知ることができます。
この渋札の目的は、丹後からは多くの場合
白生地で出荷しますので
染色工程等で欠点が発生した場合に、
その欠点の原因が製織工程にあるとしますと
丹後の製造元に返すことができます。
織り手さんの名前を入れることは、
その製品の製織に責任を持つことを意味します。

この渋札の使用は現在はありません。
昭和50年頃にどの機業も使用しなくなったと思います。
理由は、渋札を入れることで、生地表面に凹凸ができ、
それに伴い白生地に毛羽立ち等の欠点が発生したためです。

現在は、不滅インク等(耐精練用のインク)を使用して
製織年月日、機(はた)番号等を捺印しております。
渋札の他産地の状況はわかりかねます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大変分かりやすい丁寧な説明を、ありがとうございました。
「渋札」は普通、反物の外側についている
「商品ダグ」のようなものです。
和紙に「柿渋」を塗っているので非常に丈夫です。

反物に縫い込む「渋札」の習慣は
丹後縮緬独特のものかは分かりませんが
デリケートな白生地なので、考えられた技法なのでしょうか。
製造元や「織り手さん」が自分の作ったものに
最後まで責任を持つ、こういうものづくりが
「日本の伝統」を築いてきたのだと思いました。
謎が解けた、嬉しい発見でした!

7 件のコメント

  • こんにちは

    私は丹後出身で、現在東京のアパレルでニットデザイナーをしております。

    半年ほど前からちりめんを使った小物を、本業ではなく個人的に作り始めました。

    成田さんのこの記事、非常に興味深く、私のブログで是非紹介させて頂きたいと思っております。

    http://chirimenribbon.blog.fc2.com/

    ブログは丹後の方にも見ていただいています。

    いかがでしょうか。

    是非よろしくお願いいたします。

    山根千里

  • 山根千里 さま

    コメントありがとうございます!
    丹後縮緬の「京都府織物・機械金属振興センター」さんには
    『テキスタイル用語辞典』で素材協力をしていただき、大変お世話になっております。
    ブログで紹介していただけるとのこと、ありがとうございます。
    (山根さんブログ拝見しました!ちりめん小物、可愛いですね!)
    よろしくお願いします。
    実は、このブログで紹介しました着物をお持ちの方が
    7月7日・8日に原宿で
    ご親戚から譲り受けた着物や帯やはぎれ、
    反物になった柄見本などの小さなフリマをやります。
    かなりの激安のようです。
    もしご興味がおありでしたらメールでお知らせしますが…

  • 成田様

    早速のお返事ありがとうございます。

    是非ブログで紹介させて頂きます。

    そして昨日コメントさせていただいた後に気がつきました。
    成田さん、ファッション用語辞典というのが私の中で引っ掛かり、、、成田さんの名前で検索させて頂いたところ、、!!!

    私は28年前バンタンの学生の頃、企画会社で一年ほどアルバイトさせて頂いておりました。その時に成田さんがいらっしゃいました。
    今でも本業の会社の方の展示会で時々高橋さんとばったりお会いしたりします。

    随分昔のことで覚えていられないと思いますが。
    とても驚きました。

    ブログの方は商品イメージ優先でかなり若作りしていまして、はずかしいです(笑)

    7月7,8日、是非お伺いしたいのですが、出張で日本におりません。残念です。
    カットモールなど、いまでは織られなくなった丹後ちりめんの布がたくさんあるようで古布にはとても興味があります。
    もし次回がありましたらよろしくお願い致します。

    山根千里

  • 山根千里さま

    え〜!山根さんのお名前は記憶ありますよ。
    本当に驚きですね!
    機会がありましたらお会いしたいですね!
    facebookもやっていますので、もしよろしかったら覗いてみてください。
    今後ともよろしくお願いします♪

  • 成田様

    覚えて頂いていて嬉しいです。
    残念ながらfacebook はやってないのです。

    よろしければdocomo のメールの方にご連絡いただけると嬉しいです。

    ちなみに今週末、与謝野町の三河内の隣の算所というところにある染色センターで染をします。
    もしかしたら文恵さん、見つかるかも、、??

    山根

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。