2014S/S 『T・N JAPAN東京展』Vol.2福井経編興業

『テキスタイル ネットワーク ジャパン(T・N JAPAN)東京』は
付加価値の高いもの作りをしている
全国から選りすぐったテキスタイルメーカーで
構成されている合同展です。
2014S/Sテーマは「触感を考える」。

合繊産地として知られる福井県から出展している
「福井経編興業(株)」のブースで目を惹いたのは
メッシュの不思議な素材で作られたウエアや、
布帛感覚のニューハイテンションです。
経編み(たてあみ)は、織物に似た伸びの少ない
きっちりとした編み地が特徴で、裁断して縫製されるニットです。

特に今回は、シューズやカーシートのスペーサー資材
(間に挟んで使う資材)など、
スポーツや資材分野で使われている経編みのダブルラッセルを
衣料用として提案しました。
軽く通気性があり、カチオン可染ポリエステルとすることで、
色効果のある素材としてアピールされています。


・・・・・ダブルフェイスの蜂の巣メッシュ。
染色効果の違うポリエステルとナイロンの
2種類の素材を使用しているため、
1回の染色で2色に染め分けられ、
玉虫のような効果が出ています・・・・


・・・・裏側にプリントを施したダブルメッシュ。
メッシュが微妙にずれているので3D効果が現れています・・・・


・・・・ダブルラッセルのダブルフェイスメッシュ。
メッシュが微妙にずれているため生地は透けて見えません。
カチオン可染ポリエステル糸を使用して
1回の染色で2色に染め分けています・・・・

・・・・


・・・・経編み(たてあみ)は、織物に似た伸びの少ない
きっちりとした編み地が特徴です。
これはメッシュにボンディングしたもの・・・・


・・・・本来は、シューズやカーシートのスペーサー資材(間に挟んで使う資材)、
スポーツウエアのライナーとして使用されているものを、
ファッション素材として提案。
軽く弾力性があり通気性の良いのが特徴・・・・

2014S/Sのファッションやテキスタイルトレンドで
注目のひとつがハイブリッド的な表現の「スポーツ・クチュール」。
中でも、アパレルデザイナーが熱い視線を注いでいるのが
工業用資材です。
ダブルフェイス、両面染色、ボンディング、ニードルパンチなど、
テクニカルな素材のファッション化が新しいマーケットを生み出しそうです。


・・・・三菱レイヨンのトリアセテート「ソアロン」のトリコット編みは、
福井経編興業がすべて製造・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。