第2回ハイカラ祭りin猊鼻渓 ~1st DAYS~(by Mayuko)

2014年8月9日
『ハイカラ祭り』1日目は、
多少の雨に見舞われましたが、
猊鼻渓(げいびけい)にて行われました。

猊鼻渓の“舟下り”を生かし、
船着き場から、船に乗って異世界に入り込んでいく・・・
というストーリーでショーを構成しています。

せっかくですのでストーリーも載せつつ、
写真をご紹介していきたいと思います。

—————————-

夜の特別船
「秘密の花園 〜隠れ里千年の時を超えて〜 」

ドラゴンレールに乗って、着いたそこは、児童公園だった。
住宅街を抜け歩くこと五分。
夕方五時、船に乗る。
一つ目のカーブを曲がる。振り向くと、
人工物ばかりだった景色は、嘘のように消えていた。

一時間に一本の汽車がゴトゴト走り去る音を最後に、
船を進める竿の音、
暗闇で姿こそ見えないが、
ここを住処としている生きものの音が聞こえる。
御座のうえであぐらをかきながら、
船の外に手を差し出してみる。
冷たい川の水がここちよい。
船の先頭に座っている案内人が口をひらく。

「おばんです。
夜の特別船、ご乗船ありがとうございます。
これより猊鼻渓、三好ケ丘まで
30分程の船の旅をお楽しみください。」

ぼわっと光る行灯の明かりを頼りに、
木造船は竿一本で、緩やかな流れの川を静かに登って行く。

「もう少しで太陽が沈みます。
太陽の陽が届かなくなったとき、
動き出した者達にであえることでしょう・・・」

—————————-

船が到着した先には竹明かりに照らされた渓谷が登場します。

003

そして三味線と和太鼓の音色が壮大に響き渡ります。

007
006
和太鼓演奏をしてくれたのは地元の中学生のお二人!
かっこ良かったです。

竹明かり装飾がきらきら光る中、パフォーマーが登場します。

020

そして次々と花と蝶をイメージした衣装を纏ったモデルたちが登場。

013
Costume design by 新妻詩織

026
036
038
044
047
Costume design by 大門真優子

050

フィナーレでモデルが並ぶととっても壮観でした!!!

051 055

次は2日目の様子をお届けします!
あいにくの雨天だったため、室内での公演でしたが、
また雰囲気ががらりと変わって良き舞台でした。

ハイカラ祭り公式Facebookにも
当日の様子が載っていますので
ぜひ覗いてみてくださいね!

Mayuko
http://mayukodaimon.com

「ハイカラ祭り」Facebookも要チェック★
https://www.facebook.com/haikaramatsuri?fref=ts

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。