花の仙人(byあをやま)

あをやまです。
こちらでは桜の季節も終わりましたが、
先月21、22日に桜の北上を追いかけるように
福島に行って来ました。
と言っても目的は飯舘村(いいたてむら)
「カタクリの鑑賞ツアー」です。
この企画は被災地福島を支援する
団体が主催しました。
そこで私はまだ何もしていないので、
この団体については
後日改めて紹介できたらと思います。
今後デザインの分野で何かお手伝いできることも
あるのではと思っています。
まずはどんな場所なのか、
今回の企画に便乗させて頂きました。

image2-1
初日は団体の理事長が、
この春避難解除になった村を
車で案内して下さいました。
放射線量測定器を持って。
報道にもあるように、
所々で除染時に取り除かれた土や葉が詰め込まれた
フレコンバッグの山が見えました。
新しく山の砂が撒かれた除染後の畑は
薄いベージュ色で、
その一角に緑色のシートに覆われた
フレコンバッグの山があります。
地区によってはソーラーパネルを設置して
自家発電しているそうです。
それ以外は静かで美しい緑豊かな田園風景です。
飯舘村は「日本で最も美しい村」に選ばれた直後
震災に遭いました。

image5-1
上の写真の、一番下の左が震災前の飯館村です。
線量は高い地区、低い地区、
また同じ場所でも高さや草の影など
ちょっとしたことで変わります。
同じ風景の中でも違うんですね。

楽しみにしていた「山津見(やまつみ)神社」にも行けました。
白いオオカミが土着の神様と言うこちらは、
オオカミ信仰なんですね。
獅子狛犬の代わりにオオカミが据えられています。
神殿は新しいです。
実は震災後に神社は消失してしまいました。
その直前に神社を訪れたプロカメラマンが天井絵を見て
「これは残さなくては」と
本格的に撮影して行かれたそうです。
その写真が貴重な資料となり、
東京藝術大学の日本画先攻の院生が携わって
再現されたと昨年末に知りました。
image6
image3

二日目は小宮地区の大久保金一さんが案内して下さる
「カタクリの鑑賞ツアー」です。
この地区は線量がやや高めらしいのですが、
金一さんは避難せずこの地に残ったそうです。
先代と一緒に開墾した土地で、口に入れる作物はもう作れない。
そこで花園を作り始めたんだそうです。
マキバノハナゾノと言います。
image2
image7
水芭蕉の咲く小川を渡って、
カタクリ見学ツアーが始まります。
金一さんはサッと川に入って橋を渡る人の
サポートをしてくれました。
金一さんのあだ名は「花の仙人」だとか。

image1
現在は平地から斜面から水仙畑になっていて、
その中に細い桜の木が植えられています。
桜の苗木は2014年に植樹されました。
まだ時間が必要ですが、
満開の桜の下で沢山の人が花見できるようにと。
あの震災を忘れないようにと。

image4
山に入ると枯れ葉の絨毯(じゅうたん)は
フカフカの感触でした。
葉の落ちた樹々は桜や栗、
楢(なら)、椚(くぬぎ)だそうです。
昔は山の木で作った炭を売っていたこと、
山菜も栗も豊かであったこと、
金一さんはゆっくり丁寧に説明してくれました。
歩いて行くと所々カタクリの花が咲いています。
「下を向く地味な花」とは聞いていましたが
正にその通りで、うっかりしてると踏みかねません。
7年かけて花を咲かせると、金一さんは言います。
上の写真の右の花の隣に出ている小さな葉は
昨年落ちた種だそうです。
7年かけて下を向いて咲く、
ほんとに大地を見つめる花なんだなぁ。
今咲いてる花は震災前に地面に落ちた種と言うことです。
なんだか健気(けなげ)に感じます。

image5
金一さんの畑には、飯舘村を形どった
バラ園が加わりました。
写真中央のブルーシートの上です。
ある人は「バラは手がかかって大変」と言います。
でも「花の仙人なら難しいことではないね」と。
なぜバラなのか。
実は村出身の東大大学院生が所属する研究室と
金一さんが話し合いをして決めた企画なんだそうです。
金一さんは若い人が大好きなんだとか。
若い力って、希望の光ですもんね。

帰りの車の中で、ふっと思いました。
大切なバラって星の王子さまに出てきたな。
そう言えば川を渡る時、山の説明してくれた時、
ちょっと少年のような感じを受けました。
年上の方に失礼かもしれないけど、
キラキラした感じです。
花の仙人。
なかなか逢えない人に逢えました。
そういう村です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。