田植えin飯舘村(BY あをやま)

あをやまです。
このところ、夏の陽気が続いています。
5月末の飯舘村では照り付ける日差しの下、
田植えがありました。
菅野宗夫さんの田んぼは
既に除染後に収穫もされており、
安全なお米ができることが確認されています。

まず、シート状の稲に薬を撒きます。
その上から水をかけ根元の方に送って、
稲の準備が完了。
拳大くらいにシートを手でちぎって持ちます。
機械植え用の稲なので、結構ちぎるのも力入ります。
田植えのレクチャーは
応援に駆けつけた「花の仙人」大久保金一さん
して下さいました。
根元を指でカバーしながら、3~5本ずつ植える。
本数を多くしても結局実るのは同じくらいだそう。

image1

image3
水を張った田んぼに筋引きで等間隔で線を轢きます。
この用具は食事担当の方の手作りなんだそうです。
(器用な人は出番が多い)

田んぼのぬかるみに足を取られる人、
比較的スムーズに歩く人がいましたが
違いは何でしょうね?
一つには、長靴の大きさだとか。
大きいと長靴を残して足が進み、
脱げたり転んだりしやすいそうです。
皆さん、長靴を持参してました。
そして日除けのつば広帽子。
さらに日焼けしたくない人は長袖です。

image4
そんな中、機能的にもファッションとしても
バッチリな女性がいました。
サングラスまでキマッテます。
田植え経験ありとは言え、よく揃えたと感心します。
デニムのツナギはちょっと暑そうだけど、
かっこいいな。
写真撮らせてもらえば良かったんだけど、
なにせ田植え始めると抜けるのが大変で…。

私は靴下の足首を紐で結び、参加しました。
その結果靴下のゴム上をなんと蛭に噛まれ…。
想定外でした。
毒はないということだけど、
しばらく痒みが引かないんですね。
長靴は必須でした。
因みに水を張った田んぼには、
カエルやアメンボもいました。

image5
・・「金の目のカエルだ~」ってことで写真を。
カエルの目って普通、何色だったっけ?・・

田植え終了後は早苗饗(サナブリ)と言う食事をします。
神事の後の直会(ナオライ)と同じだそうです。
後ろ姿が宗夫さんです。
多くの方が田植えに駆けつけ、ご挨拶。
私は最後まで田植えしていて、
途中参加になってしまいましたが
おにぎり、豚汁、新鮮な生野菜、
宗夫さんの奥様(千恵子さん)お手製のお餅などで
宴は盛り上がっていたようです。
もちろんお酒もありました。

image6
・・田植え後のビールは沁みましたね~。・・

image7

秋には穫り入れがあります。
どんな稲に育ってるかなあ。
次は足元をバッチリ決めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。