清里フィールドバレエ(by あをやま)

初めまして。
あをやまと申します。
「情熱スクールnet!」に登場する学生たちが
私の教え子だったこともあり、
私も“情熱人”の一人として
このブログに時々お邪魔することにしました。
関心事はファッションイラスト、絵画、着物、バレエなどです。

image1
初回はバレエについて。
8月4日、27回目となる清里フィールドバレエを鑑賞して来ました。
八王子の有名なバレエ団バレエシャンブルウエストが主催する、
文字通り屋外の舞台です。
雨天中止なので鑑賞中も天候の変化に敏感になります。
数年前、「白鳥の湖」のクライマックスで霧雨が降って来ました。
幻想的ではありましたが、当然ダンサーも自分も濡れました。
ハラハラドキドキで忘れられない舞台でした。
他にもフィールドバレエの醍醐味は、
リハーサルを自由に見学できることです。
どんなチェックを受け本番はどうなるか、
ビフォーアフターも面白い。

image2
行ってみると、今月清里は天候不順が続いたと聞きました。
ニーナ・アナニアシヴィリさんを迎えての舞台は
大雨に見舞われたそうです。
会場に敷き詰められたウッドチップが全て流れてしまい
大急ぎで敷き直したとか。
色々ご苦労が伴います。
しかし彼女は又来年戻って来る約束をしてくれたそうです。
4日は清里に到着する前に降ってくれて、
無事に幕が上がりました。
前方はシートを敷いて座る席のスペースです。
私はそこに座りました。
ウッドチップがフカフカで快適でした。

image6
今回のお目当はシャンブルウエスト出身の
佐々木万璃子さんの白鳥です。
ローザンヌ国際バレエコンクール3位受賞経験のある、
若手のホープです。
長い手脚のオデットはさぞ可憐でしょう。
バレエは「演技」と言うように、
言わばバレエで表現する演劇なので
善のオデットと悪のオディールを
どう演じ分けるか楽しみでした。
実際には予想以上の小悪魔ぶりで、
あれじゃ王子も惑わされるわ~。
個人的な感想ですが、オデットより
オディールにバレリーナの個性の違いが出る気がします。
万璃子オディール、魔性度高し!

image8
image9
花火含め、演出も良かったです。
バレエ友達(フィットネスのバレエクラスで知り合い)
と最後まで上演されたことを喜んでいました。
終了後に会場で購入したグッズに、
出演者がサインしてくれるサービスがあり
記念に私もTシャツを購入しました。

カラーバリエーションは豊富ですが、
黒マジックが映える色を選択。
友達はなんと会場でサイン用色紙が当たり、
2人で列に並びました。
男女4名ずつ、8名分のサインが貰えるとは
嬉しいサプライズです。

サインについての感想。
写真はバレエシャンブルウエストのダンサー、
染谷野委さんのサインです。
サインにも個性が出ます。和み系の人柄です。
実はこの方に習っています。
それと、以前から思うんですが
バレリーナにはYとかMが入る名前が多い気がします。
川口ゆり子さん、森下陽子さん、吉田都さん、上野水香さん・・・。
今回も3名のイニシャルがMでした。
前身頃の下4名が女性のサインです。
皆さん丁寧に書いて下さいました。

image3
舞台近くにあるメリーゴーラウンドは一見の価値があります。
よく見るとダチョウ追う白馬はかなり表情豊か、
それを追うのは魚を加えた猫、
そしてシマウマが続きます。
結構ファンキーです。

「天候次第」「自然と共存」と言う舞台ですが、
今回は初めて宿を取りゆっくり帰るプランで
フィールドバレエを満喫して来ました。
更に、途中で石和温泉日帰り入浴。
今回のお土産は桃とワインと、サインTシャツです。
フィールドバレエの旅は帰ってからも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。