グラフィックにも注目!相模女子大学短期大学部、卒業制作展。

先日1月21日
相模女子大学短期大学部・生活デザイン学科の卒業制作展に
Textile Tree編集部アートディレクターの辛嶋さんが
取材に行きました。

辛嶋さんの友人でもある
相模女子大学短期大学部・生活デザイン科の教授
北谷しげひささんを訪ね
昨年創立110年を迎えた大学キャンバスを散策!
その様子や、卒業制作作品の展示、記念講演
ファッションショーの様子などをお伝えします。

まず、キャンパスで目に入ってくるのが
映画の舞台にもなりそうな、レトロな旧校舎。
その先にはモダン建築の校舎と、対照的ですが
その広大な敷地には、たくさんの木々があり
とても調和されています。

キャンパス内には桜並木やいちょう並木もあり
その季節にはどんなにすばらしいでしょう!

つぎは、卒業制作作品の展示会場です。

グラフィックをはじめ、プロダクト、建築
ファッションと学生たちの2年間の成果
そして若いセンス溢れる作品が一堂に展示。
どれも熱い思いのこもったいい作品ばかりです。
このような制作に魅了された学生の中には、
さらなるステップを求めて、美術系の大学へ転入していく
学生もいるそうです。

そして、作品見学の次は
アートディレクターの葛西薫さんの特別講演です。

葛西薫さんといえばサントリーやセゾングループなどの
広告を手がけていらっしゃいますが
今回はユナイテッドアローズの広告ができるまでの過程を
音とビジュアルを用いて講演。
その素晴らしい制作ストーリーに
すっかり吸い込まれてしまったようです。
相模女子大学の創立110周年を機に制定した
新しいロゴマークやブランディングのアートディレクションも
葛西薫さんが手がけています。

また、この日のもうひとつのビックイベントは
卒業制作作品の展示の後のファッションショー。

ファッションショーは
制作した学生自身がモデルになっているようです。
すこし恥ずかしそうにステップしている姿は
ういういしくも一生懸命。
そして、なにより楽しんでいる様子が伺えました。
中には、同窓生の声援に涙する学生も…
そんな声援や今回の卒業制作へ情熱は
未来へ羽ばたいていく、みんなの
素敵な財産になっていくことでしょうね。

辛嶋さんも学生さんのフレッシュなエネルギーを吸収する
いい1日になったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。