つなげる、育てる、新しいまちおこし。

「日本を元気に!地方を元気に!」は
Textile Treeの大きな目標でもあります。
折りあるごとに地方で頑張っている方や、
地方活性化に役立つ情報を取り上げて、
応援団として少しでも役に立ちたいと考えています。

先月、IFFに取材にいったとき
中小企業庁支援事業のひとつとして
(株)全国商店街支援センターが主催する
地域活性化プロジェクト
「平成22年度 現地マネージャー育成事業」の
ブースに興味を持ちました。

これは、(株)全国商店街支援センターが
ランニングをはじめスポーツイベントで
「地域環境づくり」をサポートしている
(株)ランナーズ・ウェルネス」に事業を委託し
地域開発や人材育成に取り組んでいる
(株)リバネス」と連携して進めている
「地域活性化座学研修と先人現地マネージャーに学ぶ
OJT研修による次世代現地マネージャー育成プロジェクト」です。
(かなり長過ぎる名前なので…
以下、次世代現地マネージャー育成プロジェクト)

地域に根付き、商店街活性化に貢献できる人材を
育成するプログラムですが、
これの面白いのは
人材育成対象は、現地の人材ではなく
都内の6人の大学生や大学院生(次世代現地マネージャー)
であることです。
彼らの指導にあたるのは
全国6つの地域で先進的な取り組みを行っている
「先人現地マネージャー」です。

2010年9月から2011年2月の6カ月間
地域活性化を学ぶ座学研修と
現地派遣型OJT研修が行われました。
2月13日には、各地域に研修に行った6人の大学生による
成果報告会がありました。

このプロジェクトの内容、それに関わっている企業の取り組みが
とても素晴らしいものがあり
次回からシリーズでお伝えします。