ロードトリップ・フロリダ Vol.1 Jacksonville

1月の第3週から1週間のバケーションを取って、旦那とGoa連れでフロリダに先っちょまで行く長ーいロードトリップに行ってきました。途中で友達や義妹、従兄、義弟たちと会いながらの楽しい旅となりました。まずは一番仲の良かった同僚だったキャサリンのホームタウン、Jacksonvilleへ。Durhamから6時間半程度。彼女が去年の夏に引っ越して以来、こんなに早く訪れる機会があるとは思ってなかったので、かなりエキサイト!!!


⬆️キャサリンの新しい家に招待してもらい、ディナーの前に近くの湾にサンセットを見学に。フロリダと言えば、常夏のイメージがあるのですが、
2週間ぐらい前から一度春になったかと思った気候がまた冬に逆戻り。この日も夜はかなり気温が下がり、コートを来てでかけました。サンセットの時間を狙い撃ちしたので、ばっちり!キャサリンに太陽が沈む前にすくってもらいました♡


⬆️ヤシの木に登る少女発見w


⬆️DurhamにいるときにはパピーシッターさせてもらったScout君!この日はちょっと体調がすぐれずおとなしめ。Goaとほぼ同い歳。元気で長生きしてね。


⬆️キャサリンと旦那様がディナーを作っておもてなししてくれました。話は尽きず・・・。


⬆️車が大の苦手のGoa蔵。乗ってる間こんな感じです(・・;) 少しでもリラックスできるようにとGoa用ベッドを後部座席半分使って設置したのに、銅像と化したまま!


⬆️でもさりげにホテルのキングベッドを一人で占領してくつろぐ姿も。テレビも鑑賞中!


⬆️ここは帰りにもう一度Jacksonvilleに泊まった時に、たまたま行ったフードレストランがスーパーヒット!とれたてのシーフードが安く美味しくボリューム満点。いままでアメリカで食べたシーフードのなかで一番美味しかったかもー!私はベイオイスターのフライ。フライはだいたいあまり食べれないのですがここのは衣が薄くてジューシー、完食。旦那はStuffed FlounderとSoftshell Crabのフライ。Softshell Crabはもともとノースキャロライナの名物らしいのですが、蟹が脱皮して新しい甲羅が硬くなる前に柔らかな状態で獲るとのこと。大食漢の旦那が食べきれないほどのボリュームでした。アペタイザーには実だくさんの蟹のスープなんとアリゲーターのフライ。ちょっと引きますが、味と食感はチキンのよう。

キャサリンは用事があって帰りは会えないとわかっていたので、敢えて海サイドのモーテルに泊まったのですが、ホテルもレストランも大当たり!ラッキーでした☆

Seafood Kitchen      https://www.facebook.com/seafoodkitchenatlanticbeach/

『テキスタイル用語辞典』のご購入希望の皆様へ
※新型コロナウイルスの影響により、現在Amazonで『テキスタイル用語辞典』が購入できない状況になっています。ご購入を希望される方はこちらからお申し込みください。小売店様専用ですが、個人のお客様も受付いたします(送料無料)

2020年5月16日
『テキスタイル用語辞典』がAmazonでご購入できるようになりましたが、引き続き、個人のお客様もTextile-Treeからのご購入をお受けいたします(送料無料)。

こちらから