Stay at Home : Cooking

アメリカのロックダウンも早一か月半。大統領の発言もあり政府からのリオープニングに関する3段階のステップなども発表され、5月に入ってから各州、郡ごとに知事や市長の判断によりちょっとずつ経済再開に動き出しています。ノースカロライナは4月末までのロックダウンを5月8日までとりあえず伸ばし経過を見ながら次のステップへという方向なので、たぶん今週末には州知事から何か指示があって動き出すのでは?という感じがします。ゆっくりとステップを踏んでくれてる州知事に感謝ですが、各地ではロックダウンに反対するデモもたくさん行われ、マスクはもちろんしてないし大勢が集まり武装集団まで現れる始末。

私個人的には、2次感染爆発などを考えると特に感染の上昇が収まってない州にはまだ早いと思うのですが、それぞれに経済的な事情やら大人の事情があるわけで前に進まないといけない人たちも多いようです。もうそれは一人一人の事情や判断なので誰もお互いをジャッジしたり非難しあうことはできないしするべきではないと思います。ただただ、2次感染爆発が起きないことを願うばかりです。バーやレストランをソフトオープンし始めたところは、従業員やお客さんの体温、症状チェック、マスクの着用、ソーシャルディスタンスをキープするためにテーブルは間隔をあけて、など数々の規制の中行われているようです。そこまでしても外食したい?と思ってしまいますが、でも政府が完全な経済サポートをしない限り、スモールビジネスは生き残れないわけでそうやって少しずつ戻していくしかないのかもしれません。
さてそういう状況なので、私も来週からボチボチ仕事に戻る可能性もでてきたわけなのですが、今回はお料理の話題。私のはすべてテキトーなので、ここで紹介するのも恥ずかしいのですが、軟禁生活のレポートということで《笑
⬆️旦那がバレンタインに買ってくれたワッフルメーカー。日本で食べたあのベルギーワッフルの食感をだすのにあの手この手。粉を変え、配合を変え、挙句には決め手と思われるパールシュガーまでお取り寄せw アメリカのワッフルって、要するにパンケーキの生地を使ってるんですよね、なので形が違うホットケーキ!みたいなんです。ちがーーーう!私が作りたいのは中がもっちり外がさっくりの本場ベルギーワッフル。パールシュガーの存在を知ったのは、地元のフードトラックでベルギー人がやってるワッフルやさんがあって、まだ食べたことはないのですが、見るからにこれだ!っという感じで、そのオーナーご夫婦の作ってるビデオを見たことがきっかけ!ブルーベリーやストロベリーのコンポートもラムをいれて自家製♪調子に乗って、薄切りのおもちでもつくってみました。色白の餅ワッフル。甘味やさんですか?みたいなトッピングで。ちなみにアメリカ人はおもち自体はあまり好きではないようなのですが、何故か”餅アイス”が大好き!あの雪見だいふくみたいのです♡

⬆️近所の普通のアメリカのスーパーで金柑を発見!で、蜂蜜づけにしたら激美味。そのまま食べてもいいし、ソーダ割りでものど越しすっきり☆パパも一度食べてハマってました。

⬆️白菜のインスタント漬物。頂き物の塩昆布や梅コンブチャなどを使ってつけたのですが、これまたいい出来。いやぁ母がよく本格的に樽で漬けていて、それにはもちろん足元にも及ばないのですがここではこれでも大満足。金柑もちょっといれてみたらまた味がかわって美味しい♪

⬆️レンコンのきんぴら。実は初めて作ったのですが、シャキシャキの食感がくせになって一気にたべちゃいました。しかし若い時には好きでなかったものが今では大好き。母が好きで食べてた謎なものが、今すっかり好きになった年頃ですw

⬆️仕事してるときにはなかなか作れなかった餃子。やっぱり家で作って焼く餃子は冷凍ものとは違いますね。うちの裏でできたニンニクにらをいれたのでさらに美味しくできました。

⬆️東京の姉妹が作ってたザワークラウトにも挑戦。あれってお酢がはいってるものだとずっと思ってたのですが、実は発酵させて酸っぱいのですね?目から鱗!というわけで、キャラウェイシードをやっとみつけて挑戦。最初のが今一つ発酵が遅かった敗因を自分なりに整理したところ、キャベツの洗いすぎ(キャベツについてる乳酸菌も洗い流した模様)、塩の量をテキトーにいれた、揉み、押しがたりなかった・・・など。これを反省点にしてサイド挑戦。オーガニックを買ってきて外側しか洗わず塩も測って、揉んで押して、大成功ヽ(^o^)丿 旦那の大好物なのですが、私は元々そんなに好きでなく・・・でも作ってみたら売ってるのと味が違ってこれまたハマってしまいました。ソーセージ以外にも肉料理、カレーやベーグルと一緒に食べても最高!

⬆️これは同僚のお誕生日を当日知って急遽作ったショートケーキ。日本のレシピで作ったので、型のサイズがちがったりメジャーの表記が違う(言い訳です!)のでなんかマドレーヌっぽいデコ型ができたのですが、一応美味しいと言ってもらえました!もちろん一緒にお祝いというわけにはいかないので、車でドロップオフだけして、あとでローソクを吹き消してる写真が本人から送られてきました。このロックダウンの間バースデーパーティもままならないので、サプライズで親戚や友達が家の外に来て大合唱!(もちろんディスタンスとマスクはして)なんていう微笑ましい光景も近所でみかけました。⬆️


⬆️私とGoaは一日の大半をパティオで過ごしています。パソコンはもちろん、ミシンやらすべてここに持ち出して、鳥の声をききながら生活。冬から花粉の季節が終わるまでは、網戸の外側をビニールのシートでカバーしてあるので、温室状態で快適です。天井にはでっかいファンがついています。ほとんどの植物は春になって外にだしたのですが、ちょっとした観葉植物とかわいい鉢植えのチューリップやガーベラを置いてほっこり♡ と思ったら昨日突然隣の家の人がブーケを届けてくれました。お庭のお花をくれたのかなと思ったら、知り合いのお花屋さんが普段はファーマーズマーケットで売ってるのですが今はデリバリーだけなのでたぶんそれでまとめて買ってあげて更にご近所さんに配った模様。なんて素敵な心遣いなんでしょう。こんなときだからこそこんな配慮ややさしさ忘れないでいたいですね♡ それにしてもお花って気分をあげます♪ 今もお花を眺めながらこのブログを書いています。

『テキスタイル用語辞典』のご購入希望の皆様へ
※新型コロナウイルスの影響により、現在Amazonで『テキスタイル用語辞典』が購入できない状況になっています。ご購入を希望される方はこちらからお申し込みください。小売店様専用ですが、個人のお客様も受付いたします(送料無料)

2020年5月16日
『テキスタイル用語辞典』がAmazonでご購入できるようになりましたが、引き続き、個人のお客様もTextile-Treeからのご購入をお受けいたします(送料無料)。

こちらから