電車で席を譲られた、初体験!

自慢ではありませんが
私は電車で座れる確率がかなり高い方です。
(席取りが早いわけではありません!)

かなり混んでいる電車でもなぜか前の席が空くのです。
(確率7〜8割?)

実は今日電車の中で
ガールフレンドらしき女性と一緒に座っていた
若い男性から席を譲られました!

私はまだ席を譲られるようなお年寄りではありません。
自分で言うのもなんですが…
実年齢よりは若く見えると思っています。

ちょっと驚いて「大丈夫ですよ」と断ったのですが。
「すぐ降りますから、どうぞ」とおっしゃってくれたので。
にっこり笑って「そうですか、ありがとう」といって
ありがたく座らせて頂きました。

席を譲られて座ったのは初めてですが
実はこういう体験は二回目なのです。

初めての時はかなり戸惑い、丁寧にお礼を言って断りました。

私は自分が「お年寄りに見えた」ことがショックで
この事を一つ年上の女友達に話したら
「そういう場合はありがたく座ったらいいのよ!」

アメリカ人のご主人をもつ彼女の考えは
いつも目から鱗!
「日本人の男の子はシャイだから、席を譲って断られると傷つくのよ。
だから、ありがとう!って座ってあげた方がいいのよ。」

そんな体験をしていたので
今回はかなり余裕で(?)座る事ができました。

この2回の体験で発見した事があります。
それは席を譲ってくれたのが
一人はチャイニーズ系(とみられる)の外国人(英語でした)。
もう一人は(おそらく)海外在住の長い日本人。
彼女が彼に一生懸命、今の新大久保や新宿の説明をしていたので
そういう気がしました。

つまり彼らは「ジェントルマン」なのです!
自分の前に立っているマダムに席を譲るのは
男として当然のこと。

女性や年長者に対してのマナーがきちんとしている
文化で育ったのでしょう。
こういう事が自然に身に付いている人は本当にカッコイイ!

なんか今日はちょっと気分のいい日となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。