バリケンに遭遇!公園も外来種。

お正月も終わってしまいましたが
今年はおせちやおとそを頂きながら
しこしこと『テキスタイル用語辞典』の原稿に専念していました。
電話も無いし、食事の支度もしなくてもいいし
お正月は仕事する環境に最適!

3日は気分転換(?)に近くの八幡神社に初詣に。
もう混んではいないかと思っていたら、なんと…すごい行列。
とても並ぶ気にはならず、心の中でお参りして
さらに近くの善福寺公園へ足をのばします。

久しぶりの公園で、鯉や鴨に餌あげを楽しんでいたら
なんと、見たこともない大きな(ブサカワイイ?)鳥に遭遇!



あとでわかったことですけど
これは南米産の「バリケン」という鴨の一種。
どうも飼い主が捨てていった鳥らしい。
公園には捨て猫も目につきます。
こうした捨てられた動物たちは
それなりに人々にかわいがられて暮らしているようです。
動物も植物も、そして人間も
こうして外来種が自然にとけ込み、日本化するのか
それとも強い外来種に占領されてしまうのか…
ついついそんなことを…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。