あの日から・・・

ようやくブログを書く気持ちになれました。
というより、書かなければという決意かもしれません。

今年の1月21日、主人が突然逝ってしまってから
気がついたら桜の季節になっていました。
岡山の出張から帰ったら、主人が倒れていて
次の日、あっという間に逝ってしまったのです。
何が起こったのか、なんでこうなったのか・・・

直接の死因は「敗血性症ショック」
初めて聞く病名でしたが、免疫が低下して合併症を起こし、
血圧が急激に低下するというものでした。

161204dr_081

主人とは40年ずっと一緒でした。
子供がいないので二人だけの暮らし。
Textile-Treeを立ち上げてからは、
ほぼ24時間一緒のようなものでした。

たくさんの時間を一緒に過ごしてきたのに、
甦るのは、倒れていた時からお葬式までのあの時間。
病院に運ばれ、検査中に血圧が急低下し、
すぐに救急救命に変わり
お医者様から「延命処置をしますか」と決断を迫られ
どうしていいかわからず、、、
主人の手をずっと握っていて、そのまま
お医者様から12時45分を告げられました。
まるで夢を見ているような1日でした。

DSC_0124

それからすぐ、お葬式の手配を迫られましたが
冷静に判断することなどできません。
友達や妹の力を借りて、
なんとかお葬式までこぎつけました。
映画やドラマのようなことが
自分の身に起きるなんて、、、

そのあとも過酷な状況は続きます。
悲しむ間もないような、山のような仕事に追われ、
必死でクリアしながら現在に至っています。
もしかしたら仕事の忙しさに
助けられているのかもしれません。
妹も週2〜3回、千葉から手伝いに来てくれています。
主人の姉兄弟や、友人たちも暖かく支えてくれています。
今はみんなに支えられながらなんとか元気でいます。

IMG_0002

あの時、こうすれば、もしかして・・・
どうしてもっと主人にああしてあげなかったのか・・・
そんなことを思うと涙が止まりません。

けど、一つだけわかるのは、
主人は私のことが大好きで、
いつもそばに一緒にいたがっていたこと。
だからきっと、ここにいるのです。
いつも私のそばにいるのだと思います。
出かける時は、主人と一緒に出かけます。
主人にいつも話しかけます。
主人がして欲しいこと
したかったことをしてあげたい。
できなかったことをしてあげたいと思っています。

DSC_0160
DSC_0209
DSC_0204

主人は私と一緒に近くの公園に
おべんとうを持ってお花見に行くのを
とても楽しみにしていました。
今年もその季節がきました。
一昨日はまさにお花見日和。
お弁当作りを頑張って、
妹と3人で出かけました。
「ごっつぉさんだね」
主人の嬉しそうな声が聞こえます。

DSC_0174
DSC_0179

主人は私の中で一緒に生きています。
だから主人の分まで元気で、いい仕事をして
主人が誇らしく思えるような生き方をしていこう。
たくさんたくさん泣いて、
今はようやくそう思えるようになりました。

昨年の12月に、初めて主人と一緒に写真を撮りました。
一緒に仕事をしているカマラマンさんが
撮ってくれたもので、最初で最後のツーショット。
素敵な笑顔の主人を残してくれました。

今思えば、まるでこの日がわかっていたかのような
不思議な出来事がたくさんあります。

1月から、ブログもfacebookも止まったまま。
けれど今日から再開です。
今までお世話になったみなさん、
本当にありがとうございました。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

2017年4月7日。

DSC_0198
DSC_0199

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。