「フクシマ・フィフティーズ(Fukushima 50)」に、祈る…

海外から「フクシマ・フィフティ—ズ(Fukushima 50)」と称賛され
必死の作業をされている方々の多くが50歳以上で
20名は志願者であることを知り、大変驚きました。
東京電力が全国の電力会社や協力企業に助けを求め
「決死隊」として原発の内部作業をする「ベテラン」を募ったといいます。

時事通信には中部電力に40年勤務し、定年を間近に志願した
島根県の男性(59)の話しが報じられていました。
「この作業は、自分たちのようなベテランがやるべきだ。
子育ても終わり、残すことはない」
「使命感をもって行きたい」と…

原発での作業に、国が定めた限界被曝単位は100ミリシーベルト。
それが途中から250ミリシーベルトに変更しました。
これは作業時間を延ばすために彼らが望んだことだといいます。
そのおかげで、あと一歩で臨界点というぎりぎりのところで
臨海が止まったのです。

「感謝」以外の言葉が見つかりません。

「ベテラン」が社会の外に追いやられ
「ベテラン」の仕事がどんどん無くなっている昨今
「フクシマ・フィフティ—ズ(Fukushima 50)」の皆さんの活躍は
「ベテラン」の雇用の意識を大きく変えるきっかけにもなるでしょう。
「50(フィフティーズ)」は「50人」であり「50代」でもあります。

現在は増員され180名の方々が作業にあたっているといいます。
今も、現場で必死の作業で頑張っている皆さん
私たちは、ただただ「祈る」しかありません。
どうか皆さんが無事でありますように。
どうか作業が成功しますように…

4 件のコメント

  • こんにちは。この記事に共感して、私のブログでも紹介させていただきました。
    命を賭けて、見えない敵と戦っている、フクシマ・フィフティーズの方々に敬意を表し、
    深く感謝しております。
    仕事を終えた会見で、覚悟を決めた厳しい大人の顔を、久しぶりにテレビで見ました。
    私が子供だったころは、大人は我慢強く、みんなこういう顔をしていたような気がします。
    父も、先の大戦では決死隊だったことを聞いていたので、そのことを思い出していました。
    世界からも日本人の行動が賞賛されていますが、自己犠牲をいとわない人々が、
    この国の宝、だと感じます。

  • arai_ designさま

    お父様のお話し読ませて頂き感動いたしました。
    祖国を思い、命がけで守ってくれた先人たちのおかげで
    こうして今があることに、あらためて感謝したいと思います。
    素晴らしいコメント、ありがとうございました。

  • 国のため、人々のため、愛するひと大切なひとを守るため、いったん緩急あるとき、義勇公に奉じる方々に心から感謝したいと思います。
    あとは政府や東電のトップクラスの人達が、リーダーとして現場の方々と苦労を共にするために現場に赴いていただければと思っています。

  • Matsuiさま
    コメントありがとうございます。
    全くその通りだと思います。
    総理大臣をトップに、国の危機の時に自ら責任ある陣頭指揮をとる
    リーダーの姿が見えないのが、本当に残念です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。