壊れたら繕う。いいものは惜しみなく使う!

食器好きが高じて「金継ぎ」を始めてしまった
ヒロコさんのお家におじゃまして
「金継ぎ」の作品を見せていただきました。
「いいものはしまっておかないで、どんどん使う」
というのが彼女の持論で、「壊れたら繕う」。
それがまたいい味となり、さらに愛着がわいてくるというのです。


・・・・まだ制作途中のポットの「繕い」。アートだ!・・・・


・・・・これもまだ途中。全く別の皿をくっつける高度なワザ。
木クズを混ぜた「コクソのり」というのを使用して
くっつけるのだそうです・・・・


・・・・金で繕うのが「金継ぎ」、銀は「銀継ぎ」。
このような黒い漆のようなものは単に「繕い」と呼ばれているようです・・・・

ある程度の年齢になると
ものをたくさん持つことよりも、
本当に自分の気に入った質のいいもの
思い出や愛着のあるものを大切に使いたいという
気持ちが強まります。
長く使ったものには、新品にはない
「経年の美しさ」があります。

人生もそうありたいなあと、思いました。


・・・・ふろふき大根をお鍋にしたアイディア料理。
柚をたっぷり入れた鶏そぼろをかけていただきます。
上品な美味しさに、いくらでも食べられます!・・・・・


・・・・お料理で使用している食器はほとんどが「金継ぎ」・・・・

この日は忘年会を兼ねた女子会(婦人会かな…)で
ヒロコさんの手料理をごちそうになりました。
(仕事ばかりでなくお料理もできる女でした!)
私は故郷のお酒「高清水」を持参。
普段はなかなか飲めない大吟醸で、なかなか美味しかった!
いい仕事仲間がいい友人であることは、本当に幸せなことです。

3 件のコメント

  • より深い文化が伝わって来ますね。
    骨董市で、気に入ったけど、欠けている物は
    諦めないで、買って来ても大丈夫ですね!!!
    金継の技を学びたいですね!!!
    すばらしいですね!!!お鍋も」美味しそうですね。

  • 長田百合子さん
    コメントありがとうございます。
    「金継ぎ」をやられている方は、あえて欠けたり割れているものを
    求める方も多いようです。
    西洋のものは、「修復」の域をでないようですが
    「金継ぎ」は単なる「修復」ではなく、「新しい表現」「アップサイクル」としての
    “技”であるところがスゴイなあと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。